相続

改正:配偶者の居住権保護

遺産である建物に配偶者が居住している場合、遺贈や遺産分割により、終身、住み続けられる権利が設けられました。例えば、遺産として、自宅建物以外に預貯金が多くない場合、建物の所有権を相続してしまうと、他の相続人とのバランス上、預貯金を相続できず生活費に困るということが考えられます。しかし、配偶者居住権は所有権よりも評価額が低いので、配偶者は、配偶者居住権を取得して自宅に住み続けながら、預貯金もある程度確保できるようになり、生活の安定を図ることができます。


投稿者 法律事務所なみはや

大阪の法律相談は法律事務所なみはや Namihaya Law Office メールで 問い合わせ 06-6209-8670 一人で悩まれている方は、お気軽にご相談下さい 【平日】 9:15~17:15 【定休日】土・日・祝日、お盆、年末年始

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-6-26
大阪グリーンビルディング4階
平日 9:15~17:1506-6209-8670========

電話受付:平日9:15~17:15
法律相談は夜間・土曜も行っております。ご希望の方は、ご予約の際にその旨お伝え下さい。

詳しくはこちら