HOME > 交通事故問題
交通事故問題
こんなお悩みありませんか? のイメージ
こんなお悩みありませんか?
  • 保険会社から治療費を打ち切ると言われている・・・
  • 保険会社からの慰謝料の提示額が低い・・・
  • 過失の割合について納得がいかない・・・
  • 相手側との交渉を専門家に任せたい・・・
  • 裁判にするのか示談にするのか迷っている・・・

など、交通事故のお悩みについては、早めに弁護士にご相談ください。
 示談する場合、示談書にサインしてしまってから内容を変えたいと思っても手遅れです。示談の内容が適正なものかどうか分からない場合、サインする前に「法律事務所なみはや」までお気軽にお問合せください。

交通事故の示談について

示談

 交通事故の示談とは、裁判で争うことなく、交通事故の被害者と加害者が話し合いで問題を解決することをいいます。つまり和解ということです。

 示談は、ご本人が行う場合もありますし、弁護士が代理人として交渉する場合もありますが、ここで注意して頂きたいのは、

  • 保険会社から提示された示談書にサインしてしまうと、通常それ以上の請求ができない
  • 一般的には弁護士が代理人として介入して交渉すれば、慰謝料額など金額が上がることが多い

という点です。
 ご自身で判断せずに、まずは早めに弁護士(法律事務所なみはや)までご相談ください。

示談成立後に後遺症が発生した場合はどうなるのか?

 調停、交通事故紛争処理センターでの手続や、裁判をすることになります。弁護士に依頼している場合には、毎回、裁判所に出向く必要はありません。

示談が成立しない場合は?

 交通事故の損害賠償の金額については、それぞれ事故の状況や怪我の程度、被害者の収入状況などによって異なります。

  • 人身事故のケース
  • 後遺障害が残らないケース
  • 後遺障害が残るケース
  • 死亡事故のケース
  • 物損事故だけでお体に被害がないケース
  • などがあります。

    損害賠償により請求できる内容は、

  • 治療費

  • 休業損害
  • 逸失利益
  • 慰謝料(入通院、後遺障害、死亡)

  • 車両修理費・代車使用料
  • などです。

     また、交通事故の損害賠償には、3つの基準、①自賠責保険基準<②任意保険基準<③裁判基準があります。
     このうちもっとも高額な基準が裁判基準なのですが、弁護士に依頼した場合、示談においても、裁判基準をもとにして交渉を行うことができます。

     相手側(加害者やその保険会社)に任せておくと、納得のいく補償が得られないケースもあります。
     適切な損害賠償金を獲得するには、早めに弁護士に相談しましょう!

大阪の法律相談は法律事務所なみはや Namihaya Law Office メールで 問い合わせ 06-6209-8670 一人で悩まれている方は、お気軽にご相談下さい 【平日】 9:15~17:15 【定休日】土・日・祝日、お盆、年末年始

〒541-0041
大阪市中央区北浜2-6-26
大阪グリーンビルディング4階
平日 9:15~17:1506-6209-8670========

電話受付:平日9:15~17:15
法律相談は夜間・土曜も行っております。ご希望の方は、ご予約の際にその旨お伝え下さい。

詳しくはこちら